STORY

第7話「はじめての思い出」
ある日の授業前の時間、珠輝は廊下で会った歌夜から作詞に協力してほしいと頼まれる。歌夜がドロドロした恋愛をしていると信じたまま、DTM研の部室で歌夜と二人きりになった珠輝は……。
誤解のとけたあと、裕美音と仲良くなった小学生の頃を思い出す珠輝。ゲーム作りを通じて裕美音や椎奈、あやめ、歌夜たちと知り合うことが出来たと嬉しくなる珠輝だが、そんな珠輝に目を付けている人物がいた。
list page page top